ラオス 北部・ウドムサイ県での甲状腺疾患治療事業並びに技術移転活動

現地の病院と連携しながら
甲状腺疾患の治療を推進
人材の育成にも力をいれる

多くの支援が入っているにも関わらず、未だ貧しい人々に医療が届いていないラオスで、ジャパンハートだからできる支援を続けています。それは「救えるはずの命を救う」こと。
そして、診療・手術活動を通して、現地の医療者の育成を行っています。

甲状腺疾患について

甲状腺はからだに必要なホルモンを作り分泌する臓器で、首の前側、のどぼとけのすぐ下にあります。甲状腺ホルモンはヨード(=ヨウ素)から作られるため、ヨードが不足してしまうと甲状腺の機能に影響を与えてしまいます。ヨードは海藻類に多く含まれていますが、海から離れている内陸国、特に山岳地帯や大雨・洪水の多い地域で暮らす人々にとっては、ヨードの摂取が難しく不足しやすいため、内陸国であるラオスでは、多くの人々が甲状腺を患っていると考えられています。実際、1993年にユニセフの援助で実施された調査でも、ラオス国民の95%はヨード欠乏地域に住んでいることが分かりました(『ヨード欠乏症に対するODAの役割に関する検討』国際協力事業団、客員研究員報告書)。
ヨードが不足し、ヨード欠乏症になると甲状腺機能低下症や甲状腺腫など様々な疾患を引き起こすといわれています。また、妊娠中に不足すると、生まれてくる子どもが先天的に甲状腺ホルモンを作る働きが弱いクレチン症を患う場合もあります(ユニセフ、American Thyroid Association)。

参考
American Thyroid Association(https://www.thyroid.org/
国際協力事業団、客員研究員報告書『ヨード欠乏症に対するODAの役割に関する検討』
JICA『母子保健改善のための微量栄養素欠乏に関する援助研究』に掲載の「5.ヨード欠乏症」
ユニセフ(https://www.unicef.or.jp/kodomo/teacher/pdf/an/an_01.pdf

事業背景

ジャパンハートは2015年2月に初めてポンサリー県において巡回診療を行いましたが、その際に受診した多くの患者さんに甲状腺疾患の疑いがありました。現地でのニーズを強く感じた我々は、このラオス北部で甲状腺に特化した活動を実施し、内科的治療と外科手術治療を行うことにしました。
しかし、県のほとんどが山岳地帯であるポンサリーはアクセスしにくく、治療に必要な薬や物品もなく、安全な治療の提供や事業を実施していく上で不安定さを伴っていました。それを解決するために、2016年からはよりアクセスしやすく、また、ポンサリー県を含む周辺地域の人々も受診しやすいウドムサイ県でも現地の病院と協力しながら活動を実施することにしました。

現地の人材育成

この甲状腺疾患治療事業では、特にウドムサイ県病院の医療者育成に力を入れています。ゆくゆくは、内科的治療、外科的治療、そして、術後管理という一連の流れすべてを現地の病院で行えるよう、現在技術移転を行っています。
ラオス人の力でラオスの医療が向上し、そして、より多くの人々が必要なときに病院へ通えるよう、ジャパンハートはサポートしていきます。

ラオス 北部・ウドムサイ県での甲状腺疾患治療事業並びに技術移転活動

「医療支援」に寄付をする

私たちが取り組む社会課題の解決にぜひあなたも一緒に参画してください。

「医療支援」に寄付をする
PAGE TOP