CSRご担当者様へ

Japan Heart for Children and SDGs

貧困、格差、環境、可能性――。私たちは今、未来に向けて解決しなければならない、多くの課題に直面しています。
こうした課題を解決しなければ、早晩、私たちの生活は行き詰まり、文明社会は長く続かないものになってしまうでしょう。
私たちには、この世界を暮らしやすい姿のまま、子どもたちに届ける責任があります。
ひとつずつ、少しずつ。未来の子どもたちとの約束を守るため、ジャパンハートとともにSDGsを実現していきませんか。

吉岡秀人の言葉 ジャパンハート

自分の人生を一生懸命豊かにしようと生きてみる。
しかし気が付けば、自然と他人の人生も豊かになっている。
そんな生き方があると思うのだ。
(吉岡秀人)


ジャパンハートと企業の協力事例集を
ダウンロードする

ジャパンハートが取り組むSDGs目標

CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

公的健康保険制度がない国で、医療施設も身近にはない人たちは、貧困ゆえに自分の健康を守り、いざという時に治療してもらうことができません。病気やけがによって働くことができなくなれば、さらなる貧困に陥ります。
ジャパンハートは、無償での医療提供を通じて貧困の連鎖を止めることを目指しています。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

子どもの健康な成長はもちろん、病気から回復するためにも、栄養バランスの取れた食事は欠かせません。
カンボジアのジャパンハートこども医療センターでは給食センターを設置し、入院患者向けにバランスよくおいしい食事の提供を行っています。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

世界には、医療が届かない場所がまだ残されています。
ジャパンハートは、ミャンマー、カンボジア、ラオスの3カ国で無償の医療提供をするとともに、国内外の災害被災地・クラスター発生地などに医療チームを派遣しています。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

医療従事者を目指しているが貧困などの理由で進学をためらっている若者を奨学金などで支援しているほか、貧困家庭の子どもや孤児などを受け入れる養育施設「Dream Train」で大学進学やキャリア教育を提供しています。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

世界の医療従事者の8割は女性。また、女性特有の医療ニーズの一つでもある周産期医療サービスの不足は、女性の命や生活に影響を与えます。ジャパンハートは女性医療従事者の育成・活躍の場を作るとともに、周産期医療サービスと妊産婦の健康に関する啓発活動に取り組んでいます。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

海外の医療現場を経験することを通して、日本の医療従事者が高い能力を身に着けることを支援しています。
また、ジャパンハートの奨学金で医療者としての教育を受けた若者たちに、研修・就職の場を提供しています。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

途上国では、障がい者が教育を受けたり、働く機会を見つけることが難しいことが、今も少なくありません。
ジャパンハートは、ミャンマーの視覚障がい者を医療従事者として育成するとともに、障がい者の権利を守る法整備にも取り組んでいます。


CSRご担当者様へ SDGS ジャパンハートの取り組み

個人の支援はもちろん、企業や自治体、医療団体、他のNPOなど、さまざまな形でのパートナーシップを通じて、SDGsを達成するためのプロジェクトに取り組んでいます。


ご支援の方法

※認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は、寄付金控除の対象です。(法人会員会費を除く)
寄付金控除について

支援金を寄付する(法人プラン)

1回、もしくは継続的に、ジャパンハートの活動にご寄付ください。
ご寄付の額により、さまざまな御礼(リターン)を準備しております。

会社の強みを生かした、独自のCSRプロジェクトを実施する

ジャパンハートはこれまで、1000以上の企業・法人の皆様とともに、さまざまなプロジェクトを実施してきました。
独自サービスの活用、コラボ商品の開発、社員寄付と組み合わせたマッチングギフト、写真の皆様のプロボノ活動など、企業の皆様によるご支援の内容は多岐にわたります。
私たちと一緒に、貴社ならではのやり方で、SDGs達成を目指しませんか。

企業支援事例集のダウンロードはこちらから

法人会員になる

法人会員としてジャパンハートと深くかかわりながら、団体の運営を継続的に支えて下さる企業・団体様を必要としています。

詳しくはこちら
PAGE TOP