企業がSDGsに取組むヒント

Japan Heart for Children and SDGs

貧困、格差、環境、医療、教育――。私たちは今、未来に向けて解決しなければならない、多くの課題に直面しています。

日本発祥の国際医療NGOであるジャパンハートが国内外で行なう、医療や福祉、教育など多岐に渡る活動は、SDGsの目標達成につながっており、私たちはともにSDGsの目標を達成し、世界を変革するパートナーとして、企業・団体の皆さまと協働させて頂きたいと考えています。

ジャパンハートでは、企業・団体の皆さまとお互いの特長を活かした協働によって、医療の届かないところに医療を届け、「目の前の生まれてきてよかったを、日本の医療から」届ける活動に取り組んでいます。
企業・団体のご希望や、自社・自団体独自のCSRの取り組みと、私たちの多岐に渡る活動のニーズをマッチングさせ、最適なご支援方法や、独自のプロジェクトをご提案いたします。

私たちには、この世界を暮らしやすい姿のまま、子どもたちに届ける責任があります。ひとつずつ、少しずつ。未来の子どもたちとの約束を守るため、ジャパンハートとともにSDGsを実現していきませんか。

ジャパンハートが取り組むSDGs

ジャパンハートの活動は多岐に渡ります。
ミャンマー、カンボジア、ラオスでの医療支援活動にとどまらず、ミャンマーでの養育施設の運営や視覚障がい者の自立支援、カンボジアで貧困のため進学をあきらめざるを得ない学生への里親・奨学金制度をはじめとする医療人材育成、日本国内の小児がんと向き合う子どもとご家族への支援や、日本を含むASEAN圏内での自然災害に対する緊急救援や、新型コロナウイルス感染症に対する医療支援に加え、国内の離島・僻地への医療人材派遣等、医療、教育、福祉など幅広い活動を行なっています。我々の多岐に渡る活動は、SDGsの目標達成にもつながっています。

企業がSDGsに取り組むヒント 貧困をなくそう

貧困をなくそう無償の医療支援や養育施設の運営、視覚障がい者自立支援などを通じて、全ての人が未来を切り開き、生まれてきてよかったと思える社会を作っていきます。

企業がSDGsに取り組むヒント 飢餓をゼロに

飢餓をゼロにジャパンハート子ども医療センターの給食施設で、子どもたちが健康を取り戻すのに適した食事を提供しています。養育施設では、子どもたちが健やかに成長できる栄養豊富な食事を提供しています。

企業がSDGsに取り組むヒント すべての人に健康と福祉を

すべての人に健康と福祉を途上国の医療現場で無償で適切な医療を提供することはもちろん、小児がんをはじめとする高度な治療も提供しています。また、国内外の被災地では、発災直後にとどまらず、地域の医療体制が再構築されるまで支援を続けています。

企業がSDGsに取り組むヒント 質の高い教育をみんなに

質の高い教育をみんなにミャンマーの養育施設で⼦どもたちに進学やキャリア教育の機会を提供しています。またカンボジアでは、医療従事者を⽬指す若者を、奨学⽣制度によって⽀援しています。

企業がSDGsに取り組むヒント ジェンダー平等を実現しよう

ジェンダー平等を実現しよう周産期医療事業を通じて、⼥性の健康を守っています。また、⼈⾝売買のリスクのある⼦どもたちを、養育施設で受け⼊れています。⼥性職員の活躍の場も提供しています。

企業がSDGsに取り組むヒント 働きがいも経済成長も

働きがいも経済成長も グローバル看護師・助産師人材開発/実践コース、医療学⽣育成活動、視覚障がい者⾃⽴⽀援、養育施設でのキャリア教育などを通じて、全ての⼈が能⼒を⽣かして働き甲斐のある仕事に就くことを後押ししています。

企業がSDGsに取り組むヒント 人や国の不平等をなくそう

人や国の不平等をなくそう養育施設Dream Trainでは、孤児や人身売買のリスクのある子どもたちを積極的に受け入れています。また、視覚障がい者自立支援のために、ミャンマー国内の制度作りを支援しています。

企業がSDGsに取り組むヒント パートナーシップで目標を達成しよう

パートナーシップで目標を達成しようさまざまな支援者の力を医療に結び付けるとともに、他の東南アジア諸国からカンボジアのジャパンハートこども医療センターへ患者を受け入れ、日本からの遠隔診療などにも力を入れています。

各企業の支援実例のご紹介―企業支援事例集をダウンロード頂けます―

ジャパンハートの活動は、多くの企業・団体様からのご支援によって支えられています。お金でのご寄付のほか、自社製品の売上の一部をご寄付として頂いたり、マッチングギフトの寄付先としてジャパンハートをご指定頂くことに加え、企業独自のCSRのお取組みにより様々な方法でご支援下さっています。
企業・団体様より頂いている様々なご支援方法の一部を、「企業支援事例集」としてまとめました。
企業・団体様がどのようなご支援を下さり、企業・団体様とジャパンハートがどのように協働させて頂いているか、ぜひ資料をダウンロードしてご覧ください。

企業支援事例集のダウンロードはこちら

ご支援下さっている企業様の声

日頃よりジャパンハートの活動をご支援下さっている企業様の声をお届けします。

株式会社アップル 代表取締役社長 文字 放想様

株式会社アップル代表取締役社長
文字 放想 様

ジャパンハートの活動や「医療の届かないところに医療を届ける」という理念への共感はもちろんのこと、ジャパンハート創設者で最高顧問の吉岡秀人氏のこれまでの軌跡や想いに感銘をうけ、引越し1件につき100円の寄付をしています。

当社のお客様一人でも多くにジャパンハートを知ってもらい、世界には恵まれない子どもが多くいることをあらためて認識してもらうことや、お客様・従業員も自分が誰かのために役に立っているということを感じてもらいたいという想いがあり、この寄付内容にしています。また、私たちが成長すれば寄付金額が増えていくことになり、一人でも多くの子どもを救うことにつながります。それはとても嬉しいことであり、私たちの成長する意義になっています。

中外製薬株式会社 サステナビリティ推進部 部長 山田 茂裕様

中外製薬株式会社サステナビリティ推進部 部長
山田 茂裕 様

中外製薬のグローバルヘルス活動は、低中所得国を中心に保健医療の持続的な向上に貢献できる活動であることを重視しています。これまでジャパンハートと共に2回カンボジアで実施したワークショップは、中外製薬が国内で取り組んできたチーム医療推進支援のノウハウをカンボジアの医療に役立てるものであり、活動の理念を体現するものです。

参加して頂いた医師、看護師、助産師等様々な職種の方々から「忙しい現場でコミュニケーションを深める具体的なノウハウが提供されるなど、非常に有益であった」という感想を頂きました。医療現場には、国や地域により性質の異なる課題が存在します。今後も現地のニーズを第一に考え、保健医療の持続的な向上を目指し活動を展開して参ります。

企業インタビューはこちら(coming soon…)

ジャパンハート for SDGs ロゴをご活用ください。

ジャパンハートの活動を支援している旨を表明する独自ロゴ「ジャパンハート for SDGs ロゴ」を展開しています。 ご支援くださる企業・団体様が、自社のウェブサイトや、冊子・ポスター等の紙媒体、自社の製品等にこの「ジャパンハート for SDGs ロゴ」を掲載頂くことで、各企業・団体の皆さまがジャパンハートの活動をご支援下さっていることを多くの方々に伝えて頂けます。 ロゴの使用をご希望の方は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

企業支援事例集のダウンロードはこちら

様々なご支援の方法があります

ジャパンハートでは、企業・団体の皆さまとお互いの特長を活かした協働によって、共に「目の前のひとりの生まれてきてよかったを、日本の医療から」届ける活動をしています。
お互いのことを理解し、目的を共有し、企業・団体様のご希望やCSRのお取組み方針と活動地でのニーズをマッチさせて、最適なご支援方法をご提案させていただきます。
SDGsの目標達成に向け、共に活動するパートナーとして、皆さまのお力をお貸しください。

マッチングギフト(マッチング寄付)

様々なご支援の方法 企業様 CSR

マッチングギフトとは、企業や団体が寄付を募り、社員・従業員から寄せられた寄付に対し、企業・団体が同額もしくは一定の比率の上乗せをし、その総額を寄付する仕組みです。
ジャパンハートへも、多くの企業がマッチングギフト制度を利用してご寄付をくださっています。
社員の善意の気持ちを倍にして、ジャパンハートの活動を支えて頂けませんか。
これから企業・団体内でマッチングギフトの導入を検討中の方で、運用方法等でご不明な点等ございます際も、お気軽にご連絡ください。 ※他企業様からのマッチングギフトを通じたご寄付の事例については、「企業支援事例集」でもご確認頂けます。ぜひダウンロードしてご覧ください。

今回のみの寄付

様々なご支援の方法 企業様 CSR

皆さまからのご支援によって、助けられる命があります。金額や、ご入金・お支払方法やタイミングは企業・団体の皆さまのご都合に合わせてご決定頂くことが可能です。
ご寄付の方法はお振込み、クレジットカードよりお選びください。
企業・団体様のご希望に合わせ、使途をご指定いただくことも可能です。

詳しくはこちらから

継続的な寄付(マンスリー寄付)

様々なご支援の方法 企業様 CSR

ジャパンハートの活動を、毎月の継続的なご寄付によってご支援頂けるマンスリーサポーターを募集しています。継続的にご支援が、ジャパンハートの活動を安定して行なえる大切な基盤となります。
毎月3,000円、10,000円、100,000円の基本プランを設定しておりますが、各企業・団体様のご希望に合わせ、月の支援額をご設定頂くことも可能です。基本プラン以外の支援額をご希望の場合は、別途お問い合わせください。(※下限3,000円として設定させて頂いております。ご了承ください。)
またマンスリーサポーターの皆さまには、様々な形で現地の活動の様子をお伝えしている他、「ジャパンハート部」へのご招待など支援者同士の交流の場もご用意しております。

詳しくはこちらから

寄付物資マッチングアプリ「Heart Stock(ハートストック)」

様々なご支援の方法 企業様 CSR

災害発生時に必要物資の不足に悩む医療・福祉機関と支援者をダイレクトに繋ぐことを目的として、寄付物資マッチングアプリ「Heart Stock」を運営しています。このシステムを活用することで、「必要なところに必要なだけ」物資の供給が可能になると共に、医療機関/福祉施設を物資の面から支援したいと考えるあらゆる企業や団体が、自らの強みを活かして、「医療の届かないところに医療を届ける」活動に参加することができるようになります。
なお、このアプリはFacebookコミュニティ「ジャパンハートソーシャルネットワーク」上で展開され、医療/介護従事者のみが応募可能となっています。 企業側、医療・福祉機関側いずれも、無料で登録、利用することができます。
Heart Stockにご関心のある方は、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

詳しくはこちらから
  • 売上の一部寄付特定の商品が購入されるごとに〇円の寄付、企業の売上の〇%を寄付などといった形で、売上の一部を寄付として頂く方法がございます。ご寄付として充てて頂く金額や割合等は企業・団体様独自でご設定頂き、ご都合のよろしいタイミング、ご入金方法でご支援頂くことが可能です。

  • ポイントで寄付企業・団体様で発行している各種カードや、運営しているサイト等で貯めることができる各種ポイント等の寄付先として、ぜひジャパンハートをご選定ください。顧客、利用者の方にとっても、ポイントで気軽に寄付ができることや、余ったポイントの活用方法として非常に有効です。

  • ボランティアとしてボランティアやプロボノとしてジャパンハートの活動を支えて頂けませんか。ジャパンハートが運営する各種イベントの運営補助スタッフとして、またジャパンハートの支援者様へ発送する送付物を準備する事務作業ボランティア、またご自身のお仕事の強みやスキルを活かした様々なボランティアとして、社員やスタッフの皆さまのお力をお貸しください。

  • 吉岡秀人講演会の開催ジャパンハート創設者で最高顧問/ファウンダー 吉岡秀人の講演会の実施をご検討ください。全社員向け、役員向け、新入社員研修会、企業が主催する外部向けイベントなど、企業様の様々な場面で講師としての実績がございます。

  • 貴社スペースのご利用ジャパンハートが各種イベントや説明会を実施する際に使用する会場として、企業・団体様でお持ちの会議室やイベントスペースをご提供頂ける方を募集しています。

  • 活動紹介にご協力くださいジャパンハートの活動を多くの方に知って頂くための場所をご提供頂けませんか。活動紹介冊子や、ご寄付のご案内チラシ、ポスター、募金箱等を企業や店舗に設置していただける先を募集しています。また事務局スタッフや、国内外で様々な活動経験のある医療者・非医療者のスタッフを講師として派遣することも可能です。企業・団体内で講演会を実施される際にはぜひご相談ください。

  • 古本で寄付読み終えた本、CD、DVD等を、ブックオフへお送りいただくことで、ジャパンハートへの寄付につながります。社員やスタッフの方に呼びかけ、企業・団体全体として、古本寄付の取組を下さっている企業様も多くいらっしゃいます。ぜひこちらより、詳細をご確認ください。
    ブックオフ「キモチと。」詳細はこちら

  • 物品で寄付不要になった物品、着なくなったブランドのお洋服を、それぞれお宝エイドやBrand Pledgeへお送りいただくことで、ジャパンハートへの寄付につながります。社員やスタッフの方に呼びかけ、企業・団体全体として物品を通じたご寄付の取組を下さっている企業様もいらっしゃいます。こちらより、詳細をご覧ください。
    物品・洋服で寄付 詳細はこちら

  • 法人会員として寄付法人会員として、継続的にジャパンハートの活動を支えてくださる企業・団体様を募集しています。会費は正会員(100,000円/年)、賛助会員(60,000円)となります。なお、認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は寄付金控除の対象となりますが、年会費は寄付金控除の対象とはなりません旨、ご留意ください。
    法人会員について詳細はこちら

企業支援事例集のダウンロードはこちら

お問い合わせはこちら

ご支援をご検討くださっている方、ご支援方法についてご不明な点がある方やご相談をご希望の方、その他企業・団体様からのお問い合わせは、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせフォームはこちら

領収書・寄付金控除について

頂いたご寄付、物品等について、領収書をお出ししています。また認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は、寄付金控除の対象となります。詳しくは下記をご確認ください

領収書・寄付金控除について

よくあるご質問はこちら

皆さまからお寄せいただいたよくあるお問い合わせをまとめております。ぜひ一度ご確認ください。

よくあるご質問はこちら

オフィシャルロゴ、団体名の取り扱いについて

ジャパンハートのロゴの無断使用はお控え下さい。無断使用を確認した場合には、使用をお控え頂くよう事務局より連絡させて頂く場合がございます。
またジャパンハートへのご支援を下さっている旨を、企業・団体様のホームページ等に掲載頂ける場合には、掲載頂くホームページのURLや当該ページの内容について、事前にジャパンハート事務局までご連絡頂けますようお願いいたします。

ご支援を辞退させて頂く場合がございます

反社会的勢力からのご寄付と判断されたお申し出、またご寄付の趣旨や目的・その他関連事情がジャパンハートの活動と相容れないと判断される場合には、ジャパンハートの内規に従って、ご寄付を辞退させて頂く場合がございます。

PAGE TOP