理事会メッセージ

理事会は、各プロジェクトの活動がうまく機能するよう課題解決をサポートしています。
ここでは各理事からのメッセージをお届けします。

理事会メンバー

吉岡 春菜(よしおか はるな)
理事長 / SmileSmilePROJECT担当、小児科医

プロフィール詳細はこちら

よい医療を実践するためには、医療の周辺にある社会福祉、栄養、教育などの課題にも取り組む必要がある。そのためには、医療者にとどまらず、非医療者の協力が必須です!! 力を合わせ、「ジャパンハートがあってよかった」と世界から思ってもらえる組織になれるよう精進したいと思います。
・・・・・・
ジャパンハートの活動の根っこには「慰霊」というキーワードがあります。医療活動の最初の拠点国であるミャンマーでは、先の大戦で多くの日本人が犠牲となった歴史があります。
亡くなった人は、ミャンマーという国の大地の一部となっていった。そして、その地から生まれるミャンマーの子どもたち。私たちは、その子どもたちを他人だとは到底思えません。
彼の地で命絶えた日本人が私たちに託した「日本を頼む」というメッセージを受け取り、ミャンマーをはじめ各国のニーズに応じた「医療の届かないところに医療を届ける」活動をしていきたいと思います。

髙村 信孝(たかむら のぶたか)
副理事長

プロフィール詳細はこちら

ジャパンハートの活動地域は国内・東南アジアと広がり、また活動分野も無償医療・社会福祉・教育実習と多岐にわたっています。今後も皆様のご理解とご支援をいただきながら、ジャパンハートの強みを活かし、かつ、環境と時代の変化に対応した社会貢献を進めて参ります。
そこで、これまでの会社経営の知識と経験を基に、財務基盤やガバナンスの強化、認知度・イメージの向上、また広範なパートナーとのプラットフォーム構築も含めた継続性のある団体運営に努めます。

神白 麻衣子(こうじろ まいこ)
理事 / カンボジアHospital Project Director

プロフィール詳細はこちら

「医療の届かないところに医療を届ける」これは時を経て、医療だけにとどまらず、関連する多くの分野に及ぶようになり、多くの方々のご支援により、医療そのものも高度になってきました。
皆様が提供してくださる技術、資機材、資金、そういった全てのものを、できる限り最高の状態にした医療に変えて、こころを込めて現地に提供すること、こころを込めた医療を提供できる人材を育てること。それを使命と考えて、精進していきます。

武内 三惠(たけのうち みえ)
理事 / 看護師

プロフィール詳細はこちら

私が当団体で活動を始め、10年以上が経過します。私がこの活動を続けている理由の一つは、「自分の幸せがここにあるから」です。そして、誰かの人生が豊かになること、誰かの未来が切り拓かれることに携わることが、私の喜びです。
私は当団体で主に人材育成に関わり、たくさんの人の人生、物語に触れてきました。
その中で、人が生きていく中で本当に大切なものは何か、人の幸せ、人生の豊かさとは何かについて問うてきました。それは国、人種、職種をこえ、余分なものがそぎ落とされたとき、はじめて気づき得るものかもしれない、と思います。この経験は私の貴重な財産であり、いよいよその財産を後世へ示し、伝えていくことが今ここでの「私の役割」と認識しています。
一方で、組織として、事業として、再現性・継続性を持たせる仕組みを作ることは必要です。しかし、人ありきの組織であるがゆえに、仕組みと同時に、人から人へ伝えていくことでしか伝承し得ないものもあると感じています。たとえ効率が悪くとも、私はそれを大切にしたいと考えています。
組織であるがゆえ、人は常に流れます。新たに出会い、別れ、出発があります。その人の人生にとって、ここでの活動、関わりがほんの通過点に過ぎなくとも、「一人ひとりの人生は大切である」「生まれてきてよかった」と、何らかのメッセージを持って次のステップへ進んでいくことを願っています。
たとえ小さな種であっても、世界中に散ったその種が、いつかどこかで花を咲かせ、そこからまた新たな種が蒔かれていく。そんな未来を創造しながら、活動を続けています。

佐藤 抄(さとう しょう)
理事 / 事務局長

プロフィール詳細はこちら

ジャパンハートの活動地域は国内・東南アジアと広がり、確実に、支援を必要とする方々のいる場所へ支援の手をのばす事ができています。そして、その活動は多くの方々によって支えられています。
支援を必要とする人々に心をこめた医療を届けるたくさんのボランティアの皆様、そして、団体の活動を応援し、ともに社会課題の解決に参画してくださっている支援者の皆様です。
医療者、非医療者問わず全員で“チーム・ジャパンハート”として「医療の届かない所に医療を届ける」1日、1日の積み重ねで今のジャパンハートがあります。皆様の思い、ご寄付、時間など全てが活動のエネルギーです。
私は、そのチームの力が最大化するよう、そしてジャパンハートに関わって下さるお一人おひとりに、参加して良かった、応援して良かったと思っていただける瞬間を1つでも多くつくり続けたいと思って活動しています。
実務では、活動地での課題抽出や解決、支援者様へのご報告や広報、組織運営の持続可能な仕組み作り、そして、スタッフの想いを実現するためのサポートが主な業務です。大きな視点と細かい視点を共に持ち、判断の根拠を言語化し、より多くの人にご参加いただけるチーム作りに努めます。

PAGE TOP