活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
梅野看護師のレポート / 新型コロナウィルスの院内感染が発生した「武蔵野中央病院」への医療支援活動
up 2020.06.22

武蔵野中央病院への支援活動が始まって1週間が経ちました。
スタッフの数も減り疲弊もみられるということでしたが、みなさん温かくいつも「ありがとうございます。」と感謝の言葉を述べてくださいます。

武蔵野中央病院では様々なコロナ対策が施されています。
スタッフ間の感染は休憩室での食事中の会話が原因ではないかとどの病院も言われています。ここでは新たな休憩室を作り食事中のマスクを外した状態での会話はしないこと、スタッフ同士の間隔は空けて食べるよう2メートル間隔で机の配置もしてあります。

また、ロッカー室での着替えの3蜜を避けるために新たなロッカー室を作り3蜜を作っていかない取り組みもされています。
他にも1日3回の環境整備や手指消毒の徹底、フェイスシールドの着用など患者さんの安全とスタッフの安全を守られた環境づくりをされており、私たちも安心して支援に入れています。

患者さんたちは見慣れない私たちの姿に興味を持ってくださり、やはり臨床に出て看護することは楽しいなぁと思いながら日々過ごしています。

看護師 梅野さんのレポート / 新型コロナウィルスの院内感染が発生した「武蔵野中央病院」への医療支援活動

国際看護師研修 54期 梅野 弘菜

▼プロジェクトの詳細はこちらから
国際緊急救援(iER) | 新型コロナウイルスと闘う人々を支え、医療崩壊を防ぐ
▼国際看護師研修の詳細はこちらから
海外医療・国際協力ボランティアサイト

Share /
PAGE TOP