活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
大江看護師のレポート/老健太陽におけるコロナ対策
up 2020.08.15

こんにちは、私は現在熊本の介護老人保健施設にてコロナウイルスのクラスターに対する医療支援を行ってる看護師の大江です。

私はこれまでコスタ・アトランチカ号での医療支援、「風に立つライオン基金」さんと共同で行っている福祉施設のコロナ対策「ふんわりチャンポン大作戦〜ライオンハートケアプロジェクト〜」を行ってきました。(※詳細はこちら)

「ふんわりチャンポン大作戦」では、コロナウイルスのガイドライン上の知識から、実際に介護施設を訪問し、施設の方が抱えている疑問や、不安に思っていることを聞き出し、それを解決できるよう一緒に考える相談会を実施していました。

今回の介護老人保健施設での活動に参加するにあたり、これまで行ってきた活動がとても役に立ちましたが、実際に介護施設で活動する中での難しさを痛感する場面も多々ありました。

今回の関わりの中で一番難しいと感じた点は、入居している高齢者、認知症のある利用者さんの感染管理です。
施設は病院と違い、「治療の場」ではなく「ご自宅」です。そのため、利用者さんの行動を制限することがとても難しいと感じました。

老健太陽におけるコロナ対策 ジャパンハート 看護師 ボランティア

例えば、難聴のある方と話すときはマスク・フェイスシールドを着用していると普段以上に意思疎通が図りずらいこと、認知症のある方がゾーニング外に徘徊してしまうことや、普段より活動範囲が狭くなることで不穏を助長してしまうこと、マスクの装着やソーシャルディスタンスの確保が難しいことなど様々な困難がありました。

老健太陽におけるコロナ対策 ジャパンハート 看護師 ボランティア

その課題に対して施設のスタッフ、応援にきてくださっているICNの看護師、DMATの方々などと連携しながら実現可能な対策を考え活動を行いました。
スタッフの方々は欠員が出て人員が少なくなっている中でも、残っている利用者の方々には通常通りの生活があります。その生活を維持しつつ、日々変わるゾーニングや、感染対策、通常は外部に委託できる業務などもこなし、その上風評被害に苦しんでいる方もいます。みなさん身体的にも精神的にもとても大変だと思いますが、前向きに取り組んでくださっています。

コロナウイルスの対策に関して大切なことはみんなが同じ方向に向かって協力しながら進むことです。なので最後までみんなで協力しながらコミュニケーションをとって活動をしていきたいと思います。

▼プロジェクトの詳細はこちらから
国際緊急救援(iER) | 新型コロナウイルスと闘う人々を支え、医療崩壊を防ぐ

Share /
PAGE TOP