活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
ふんわりチャンポン大作戦 ~行脚の記録 vol.4~
up 2020.07.03

本活動は、公益財団法人風に立つライオン基金様から委託を受けて実施をしています。
お問い合わせは、公益財団法人風に立つライオン基金様へお願いいたします。

 2020年5月26日。ふんわりチャンポン大作戦の第4回目の舞台となったのは、東京都あきる野市です。多くの人が思い描く「東京」のイメージとは違って、自然豊かで緑に囲まれたあきる野市。この訪問に、ジャパンハートからは森医師、小林看護師、杉山(運営)の3名が参加しました。

 今回私達が訪問したのは、【社会福祉法人 白百合会】様です。さだまさしさんが出演されたテレビ番組の中でチャンポン代作戦についてお話しされているのを聞かれた代表の方が、直接我々にご連絡をくださり、今回の訪問が決まりました。さらに、同市内の他の7施設の方々にもお声がけいただいており、周辺施設を巻き込んで感染対策を行おうという強い意思を感じました。利用者さんや職員さんの命を守るべく、皆さんそれだけ必死に考えられているのです。

 複数の施設様が集まられる中での実施は、私たちにとっても初めての試みだったため、どのような展開になるか不安な部分もありました。しかし、どの施設様の議題を取り上げても、他の皆さんの真剣さは変わることなく、終始集中して聞いてくださっているのがわかりました。
 このように、地域での連携を図りながら感染対策を行うことは、感染拡大を防ぐためにも有効な手であると言えます。是非今回お集り頂いた皆様を中心にして、あきる野市全体で感染対策に取り組んでいただけたら、我々としても嬉しい限りです。

ふんわりチャンポン大作戦 ~行脚の記録 vol.4~

 2020年6月1日。第5回目の訪問先は、埼玉県八潮市にある【社会福祉法人 福祉楽団】様の【杜の家やしお】様です。福祉楽団様がお持ちの他の施設の職員の方々にもお越しいただき、合同での開催となりました。ジャパンハートからは大江将史医師、小林看護師、大江玲看護師、杉山(運営)の4名が参加しました。

 こちらでは、消毒の方法やPPEの着脱技術など、非常に高い水準での指導・共有が既になされており、団体としてのコロナ対策の徹底をされていました。これはどの施設、事業所様にも言えることですが、通常のお仕事もされながら、感染対策に関する知識・技術を何とか身に着けようと試行錯誤されており、その取り組みには毎度感服させられます。そして、我々が訪問することで、その取り組みに対してさらに自信をお持ちいただけるようにしていただきたいとも思っております。そのためには、施設で働く方々以上に高い水準で、感染対策について考えておかなければなりません。

 そういった意味では、福祉楽団様の取り組みは本当に徹底されており、私たちにとっても大きな刺激となりました。常に情報をアップデートし、基礎知識から応用編まで様々な知識や技術を提供できるよう、我々もまたレベルアップしていければと思います。感染症について、本物の専門家集団ではないからこそ、日々の学びを忘れずに取り組んでいければと思います。

ふんわりチャンポン大作戦 ~行脚の記録 vol.4~

ジャパンハート 杉山

▼プロジェクトの詳細はこちらから
国際緊急救援(iER) | 新型コロナウイルスと闘う人々を支え、医療崩壊を防ぐ

Share /
PAGE TOP