活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
ミャンマー・シャン州にて出張診療を実施しました
up 2021.06.07

ミャンマーワッチェ慈善病院長期ボランティア看護師の加藤です。

先日、ワッチェ慈善病院を飛び出し、シャン州のヨアガン(Ywa Ngan)という場所にある病院で手術活動をおこなってきました。4月と5月にそれぞれ4日間ずつ計8日間医療活動により、合計外来診療312名、手術は72件実施することができました。こちらで行われる治療(手術代・入院代・薬代)もすべての患者さんに無償で提供しています。

ヨアガン病院は、いつもわたしたちが医療活動を行っているティーサゥン病院を運営している僧侶が新たに始めた病院です。ティーサゥン病院に続き、ヨアガン病院でもジャパンハートが医療活動を始めることになりました。

公立病院の多くで医療活動が止まり、インターネットの規制で地方からの情報も限られる中、一体どんな状況が待ち受けているのか。ザガイン管区ワッチェ村から、車に揺られることおよそ6時間。道中は曲がりくねった山道が多く、大変ではありましたが、そこには素敵な景色が広がっていました。政情不安の影を感じることもなく、道中でも特段の危険もありませんでした。

また、ミャンマーの4月5月は暑さの盛り。ワッチェ村も、気温が40℃近くになり非常に暑い日々なのですが、ヨアガンは日中でもとても過ごしやすく、朝晩は冷えるほどでした。ミャンマーの国土は日本の1.8倍と広く、地域によって気候が様々ですが、それを強く実感しました。

ヨアガン病院での医療活動は今後も定期的におこなっていき、より多くの人たちへ医療を届けられるように尽力していきます。

▼ミャンマー プロジェクトの詳細はこちらから
ミャンマー

Share /
PAGE TOP