活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
第一生命様からいただいた温かいサポート(Dream Train)
up 2021.01.13

第⼀⽣命様は、ミャンマー国内で初となる新型コロナウイルスの感染者が確認された3⽉以降、定期的にアルコールジェル・携帯⽤アルコール・不織布マスク・布マスクなどをご寄付下さっています。

ご訪問時には、⼦どもたちに物資の正しい使い⽅もご指導くださり、外出時には⼦どもたち⾃ら「マスクがほしい」と希望したり、設置しているアルコールジェルの残量が少なくなったときや無くなったときには、率先して補充する姿も⾒られます。マスクやアルコールの使⽤が習慣化されたことにより、新型コロナウイルスだけではなく、インフルエンザなどの例年流⾏する感染症の予防にもなりました。

*いただいた物資は、⼦どもたち⼿作りの棚に保管しています。

ローカルスタッフの皆さまによるオンラインレクチャー

第⼀⽣命様は物資寄付だけでなく、zoomを使ったオンラインレクチャーも定期開催くださっています。10⽉より始まったこの取り組みでは、下記の2科⽬について授業をしていただいています。

1.Personal Development : ⾃分⾃⾝を知ろう・⽣活の質の向上
2.Lifestyle Development : タイムマネジメント・⾦融リテラシー・ビジネス英語

学校では習うことのない知識を得たり、普段⼀緒に⽣活をするスタッフが伝えてもなかなか⼦どもたちの⽿に届きにくい内容も、第⼀⽣命の皆さまから教えていただくことで、素直な気持ちで⽿を傾けることができているようでした。

⼦どもたちの声

以下は、Personal Developmentの講義に参加した2名の感想です。

講義に参加して学んだ知識は、自分の人生にとても役に立つと思いました。世の中の問題がどうして起こるのか、どのように解決して乗り越えるかの、考え方が分かりました。
以前には気付かなかった自分の価値も、分かるようになりました。また、これから自分の価値をどんな場面で使用するべきかということや、社会に出たら、どのようにコミュニケーションをとるのが良いのかなどを教えていただき、ありがたかったです。
他にも、時間の使い方や、人生が上手くいくための頑張り方も分かりました。社会生活をどのように送るかについての知識をくださり、第一生命様にとても感謝しています。第一生命様が、より成功しますようにお祈りしています。どうもありがとうございました。
Aeit Aye (18歳)

講義を受ける前は、自分で自分に質問をしたことがありませんでした。自分の行動は礼儀正しいのか、それとも失礼なのか、自分の口から出た言葉は相手にとって良いものなのかどうか、「○○は言っても良いけれど、○○を言うと失礼になる?」など、自分自身に問いかけたことはありませんでした。
第一生命様のレクチャーを受けて、よく考えた上で、自分を表現できるようになりました。初めての経験でしたが、とても面白かったです。
第一生命様の教えてくださったことを知ることで、家にいるときにはどのように行動するべきか、また皆でいるときにはどのように行動するのが良いのかも分かりました。また、話し方についての知識をいただくだけではなく、状況に応じた対応の仕方や問題解決の方法も学ぶことができました。
この講座を受けて、自分がどのような人なのか、どのような道を歩いているのか、自分はルールを守る人なのか、何をするのが楽しいと感じるのか、相手のことを考える人なのかなど、自問自答をして自分のことを表現しました。私の責任も、分かるようになりました。友達の気持ちも理解できるようになりました。
Jar Phar Lu(14歳)

皆さまからいただく温かなご⽀援により、⼦どもたちは⼼⾝ともに健やかに⼤きく成⻑しています。
そのご厚意に⼼より感謝申し上げると共に、⼦どもたちがこれからも安⼼・安全にのびのびと⽣活できるよう、施設⼀同努めてまいります

子どもたちの日々の様子をアップしています。ぜひご覧ください!

Dream Trainインスタグラム
https://www.instagram.com/dreamtrain_yangon/?hl=ja

Dream Train You-Tubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=PCVE0fBt5Ew&t=9s

▼プロジェクトの詳細はこちらから
Dream Train 子どもたちの夢や未来を育む養育施設

Share /
PAGE TOP