活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
お誕生日の子どもたち – Dream Train
up 2021.06.10

お正月・お誕生日・クリスマス・特別な満月のお祭りなど…
一年に数日、子どもたちが心待ちにする楽しいイベントの日があります。

これらは、どれも大切な日ですが、中でもお誕生日はDream Trainに限らず世界中の多くの子どもたちにとって、とてもワクワクする日なのではないでしょうか?

お誕生日の子どもたち - Dream Train

Dream Trainでは、毎月末に『お誕生月パーティー』を開催し、その月に誕生日を迎えた子どもたちをお祝いしています。
多い月には20名程の子どもたちが、自分のために用意されたプレゼントをはにかみ笑顔で受け取り、カラフルなケーキに立てられた蝋燭の火を吹き消します!
そして、晩ご飯のメニューは、主役である子どもたちがいくつかの候補の中から選んだものです。
特に人気が高いのは、シャン州の麺料理であるシャンカウスエや、チャーザンジョーと呼ばれる焼きビーフンなど麺料理です。
普段は食卓に上がらない料理を、みんなとても楽しんでいます。


Dream Trainのインスタグラムでは、毎月パーティーの様子をUPしています。

時には子どもたちの里親様からお誕生日のお手紙やプレゼントが届くこともあります。
また、昨年からは、新型コロナウイルスと昨今の情勢の影響により、物資運搬が叶わない状況となり、里子の誕生日当日に、晩ごはんをご寄付くださる方も増えてきました。
そんな月には、まるで誕生日が2回来たかのように、みんなでお祝いの夕食を楽しませていただいています。

お誕生日の子どもたち - Dream Train

ミャンマーでは、誕生日を迎えた人が、日頃お世話になっている人や親しい方にご馳走をするという習慣があります。
そのため、誕生日を迎えた子どもたちは配膳をお手伝いしたり、配られたケーキの殆どを仲良しのお友達や先生に「あーん」と食べさせてあげます。
最年少の子どもたちが、ケーキを独り占めせず仲間に当たり前のように配っている姿を見ると、ミャンマーの他者を気遣う精神がいかに育まれているのかを感じることができます。

子どもたちを取り巻く環境は目まぐるしく変化をしていきますが、このような文化や習慣は、楽しいイベントや日常生活の些細な関わりを通して、変わることのないよう大切に守っていきたいです。

お食事寄付について

ジャパンハートが運営する養育施設Dream Trainは、2010年にヤンゴンの北ダゴンに設立され、現在は113名の子どもたちが生活をする施設です。
シャン州やカチン州を中心に、人身売買に巻き込まれる可能性のある子どもたち、貧しさゆえに学校に行くことができず働くことを余儀なくされた子どもたち、また身近な大人から虐待を受けている子どもたちなどを受け入れています。

ジャパンハートでは、Dream Trainで暮らす子どもたちが健やかに成長することができるよう、食事のサポートをしてくださる方を募集しています。
6,500円~15,000円のご寄付で、全ての子どもたちの一食分の食事を賄うことができます。
*朝食寄付:6,500 or 13,000円、昼食寄付:15,000円、夕食寄付:15,000円

ご不明な点やご希望などございましたら、以下問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。
https://www.japanheart.org/contact/contact-form/

子どもたちの日々の様子をアップしています。ぜひご覧ください!

Dream Trainインスタグラム
https://www.instagram.com/dreamtrain_yangon/?hl=ja

Dream Train You-Tubeチャンネル
https://www.youtube.com/watch?v=PCVE0fBt5Ew&t=9s

▼プロジェクトの詳細はこちらから
Dream Train 子どもたちの夢や未来を育む養育施設

Share /
PAGE TOP