トピックス

Share /

トピックス詳細

← トピックス:トップへもどる
カンボジアのファッションブランドSui Joh様より、 ジャパンハートこども医療センターの病棟にカーテンをご寄付頂きました。
up 2020.01.08

2019年11月、Sui Joh様より、患者さんが入院する病棟用に素敵なカーテンを取り付けてくださいました。

これまでカーテンがなかった病室

これまで、病棟にはカーテンが取り付けられておらず、患者さんが必要と感じたら各々持っている布で窓を覆っていました。
カーテンを取り付けたいという思いはありましたが、患者さんの治療のために使用する物資や薬、医療機器など治療に直接かかわる物品を購入することを優先するために、カーテンは当時取り付けられずにいました。

カンボジアのファッションブランドSui Joh様より、 ジャパンハートこども医療センターの病棟にカーテンをご寄付頂きました。

【カーテン取付前の病棟の様子】

少し雑然とした雰囲気の当時の病室をSui Joh社員の皆様がご覧になり、カーテンのご寄付をご提案くださいました。特に、Sui Joh の代表をしておられる浅野様は以前、大病で長期の入院をご経験されており、当時のご自身の体験と患者さんの気持ちを重ね「つらい病気と闘う患者さんの心を、少しでも明るく彩ることができる病室にできたら」という想いになったそうです。

カーテンによって明るい病室に変身

カンボジアのファッションブランドSui Joh様より、 ジャパンハートこども医療センターの病棟にカーテンをご寄付頂きました。

【カーテンのデザイナーさんが病院に足を運び、取り付けてくださいました。】

カンボジアのファッションブランドSui Joh様より、 ジャパンハートこども医療センターの病棟にカーテンをご寄付頂きました。

カンボジアのファッションブランドSui Joh様より、 ジャパンハートこども医療センターの病棟にカーテンをご寄付頂きました。

【カーテン取付後の病棟の様子】

数か月後、入院患者さんのために作って下さったカーテンを取り付けるために、Sui Johの皆様がお越しになりました。カーテンはおしゃれであるだけでなく機能の面でも患者さんへの配慮と検討を重ねて作られたことが伝わる特注のカーテンでした。光を完全にはさえぎらないので、病室は明るい空間になります。風通しもとてもいいです。カーテンレールから取り外しがしやすく、取り外しの度に埃がたくさん舞うこともありません。簡単に洗えて衛生的です。患者さんに寄り添う、温かい想いのこもったカーテンによって、病棟が一気に明るい雰囲気に変身しました。

「このカーテンで、患者さんの心にちょっとしたふわっとした優しさだったり、希望だったりが加わることできたら、最高に嬉しいです!」
そうおっしゃってくださった浅野様をはじめとするカーテンを製作して頂いたSui Joh社員の皆様、
この度は誠にありがとうございました。今後大切に使用させて頂きます。

カンボジアのファッションブランドSui Joh様より、 ジャパンハートこども医療センターの病棟にカーテンをご寄付頂きました。

【カーテンをデザインして下さったSui Johチームの皆様と】

Sui Joh Web siteはこちら

http://suijoh.com/

PAGE TOP