トピックス

Share /

トピックス詳細

← トピックス:トップへもどる
ジャパンハート、大塚グループの寄付型自動販売機の寄付先に決定 「おうちにかえろう。病院」設置の自動販売機の一部売上がジャパンハートの活動支援へ
up 2021.04.16

特定非営利活動法人ジャパンハート(東京都台東区、理事長:吉岡春菜、以下、ジャパンハート)は、大塚製薬子会社の大塚ウエルネスベンディング株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堀部昭好、以下、大塚ウエルネスベンディング)の協力のもと、飲料や食品を販売する自動販売機の一部売上が寄付される寄付型自動販売機を設置することを決定しましたので、お知らせします。

第一弾として、医療法人社団焔 おうちにかえろう。病院(東京都板橋区、院長:水野慎大、以下、おうちにかえろう。病院)に2月より設置を実施しました。設置された自動販売機で飲料や食品を購入することにより、購入価格の10%がジャパンハートの活動へ寄付されることとなります。

ジャパンハート、大塚グループの寄付型自動販売機の寄付先に決定
▲寄付型自動販売機のイメージ図(左)と、自動販売機に配置予定のパネル写真(右)

ジャパンハートは、2004年に日本発祥の国際NGOとして「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に活動を開始して以来、これまで、日本およびミャンマー・カンボジア・ラオスなどのアジア諸国において医療支援を実施して参りました。
今回、大塚グループの飲料・食品を提供する大塚ウエルネスベンディングからの寄付型自動販売機を介した支援のご提案を受け、2021年4月1日に開院した「おうちにかえろう。病院」様のご協力により設置が実現しました。
今後もジャパンハートは、国内外における医療支援やSDGs目標達成に向けた支援活動を通じて、ビジョンとして掲げる「すべての人が、生まれてきてよかったと思える世界を実現する」ために尽力して参ります。

大塚ウエルネスベンディング株式会社

ジャパンハート、大塚グループの寄付型自動販売機の寄付先に決定世界の人々の健康に貢献する革新的な製品開発に取り組む大塚グループの一員として、自動販売機事業を通して人々の健康に貢献することをビジョンとしています。
URL:https://www.otsuka-wv.co.jp/company_overview.html

医療法人社団焔 おうちにかえろう。病院

ジャパンハート、大塚グループの寄付型自動販売機の寄付先に決定医療法人社団焔(ほむら)は、「自宅で自分らしく死ねる、そういう世の中をつくる。」を理念に掲げ、自分らしく過ごせる在宅医療(訪問診療/訪問看護/訪問リハビリテーション)を提供しています。2021年4月、病院事業として「おうちにかえろう。病院」を開院しました。
URL:https://hospital.teamblue.jp/

(認定)特定非営利活動法人ジャパンハート

(認定)特定非営利活動法人ジャパンハート2004年、国際医療ボランティア団体として設立された、日本発祥の国際医療NGOです。国際連合より「2020 United Nations Inter-Agency Task Force on the Prevention and Control of Non-communicable Diseases Award 」を日本で唯一受賞。
「医療の届かないところに医療を届ける」を理念に活動しており、日本およびミャンマー・カンボジア・ラオスなどアジア諸国において無償で子どもの診療・手術を実施しその数は年間約34,000件に上ります。
東日本大震災では450人を超える医療従事者を現地に派遣しました。また、新型コロナウイルス感染症拡大による医療崩壊を抑制するため、「#マスクを医療従事者に」プロジェクトを行い、クラウドファンディングで1万5千人の方から1億5千万円以上のご支援をいただき、200万枚以上のマスクを約700の医療機関に配布いたしました。

■寄付金の控除について
認定NPO法人であるジャパンハートへのご寄付は、寄付金控除などの税制優遇の対象となり、 確定申告を行うことで税金が還付されます。詳細につきましては、下記URLをご確認ください。
https://www.japanheart.org/donate/receipt/

本件に関する取材のお問い合わせ

特定非営利活動法人ジャパンハート 
広報担当:高橋 電話:03-6240-1564
メール:publicity@japanheart.org

PAGE TOP