トピックス

Share /

トピックス詳細

← トピックス:トップへもどる
新年のご挨拶
up 2019.01.01

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

旧年中は、国内外での活動にひとかたならぬご支援ご協力を賜り、心より厚く御礼申し上げます。
本年、ジャパンハートは設立15周年を迎えます。

振り返りますと、1995年、先の大戦で家族や友人をミャンマーの地で亡くした慰霊団の皆さまから
「この地で医療活動をして幼い子どもたちや病気で苦しむ人たちを救ってほしい。それが何よりの慰霊になるから。」
という言葉をいただき、最高顧問である吉岡秀人が聴診器ひとつでミャンマーの地を踏み医療活動を始めました。
その後、2004年にジャパンハートを設立し、今ではミャンマーだけではなくカンボジアやラオス、
そしてインドネシアやフィリピンなどの自然災害現場での緊急救援活動、日本国内の僻地・離島医療支援や小児がんの子ども支援など多岐にわたる活動を継続してまいりました。

時代と共に必要とされる医療の質は変化しています。
今までの活動を「ジャパンハート1.0」とするならば、
これからは「ジャパンハート2.0」にアップデートした活動に取り組んでいきたいと考えております。

すでにミャンマーではより専門的で高度な治療を必要とする子どもたちのために、
日本の大学病院をはじめとする多くの拠点病院と協力し、小児外科分野や小児循環器分野、形成外科分野の治療にも取り組んでおります。
またカンボジアでは小児がん治療をスタートし、こちらでも日本の専門チームと協力して
高度医療に取り組みたいと考えております。

今後も医療を通して子どもたちの未来に寄与する団体となるべく、精進していきたいと考えております。
引き続きの応援、ご支援のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

特定非営利活動法人ジャパンハート
理事長 吉岡春菜

PAGE TOP