活動レポート

← 活動レポート:トップへもどる
親友たちに怒られて
up 2019.08.04

スースダイ!こんにちは!
こちらはスコールで突然豪雨が降り、カンボジアらしい気候となっております。
今年カンボジア国内ではデング熱の発症が例年の数倍といわれています。デング熱は蚊に刺されることでかかる病気です。蚊に刺されないようにすることが大切なのですか、虫よけ対策をしてもそれでも蚊に刺されることはあり、スタッフや自分がデング熱になってしまわないかひやひやする毎日です。

カンボジア 看護師 ボランティア ジャパンハート

さてタイトルにある大親友に怒られた話ですが、ここ最近は私の1年以上のカンボジア生活で一番体調が悪かったです。とどめに風邪も引いてまあぼろぼろでした。普段あまり日本の親友たちと連絡を取りませんが、この体調が悪いときに限って連絡を取る機会があり、実はー、と体調不良を報告するとみんなそれぞれに怒られました。「健康でいると約束したでしょ!」「それでも海外で無理して続けるなんて、待ってるほうの気持ちも考えて!みんな心配してるよ!」「もっと自分の体大事にして!ほんとに悲しい!」

返信はそれぞれに一緒のものを
「はい。すみません。その通りです。」
心の内では「体調不良になりたくてなったんじゃないよーしょうがないよー」としょんぼりです。

カンボジアでの日常生活は私にとって当たり前になってきています。
しかし、ここでの活動を当たり前を思ってないです。日本からご支援をくださる方、カンボジアまでボランティアに来てくださる方、ジャパンハート内でも日本の事務局スタッフの方々のお仕事なくしての現場の活動は成り立ちません。そして私たちの病院に来てくれる患者さんがいることも当たり前じゃありません。わざわざタイ国境近くから何時間もかけて来てくれる患者さんもいます。選んできてくれること本当にありがたいです。

というのは今までの話で、今回は怒られて身内へのありがたみを痛感した話です。
私は大切な人を長く海外に送り出して日本で待った経験はありません。怒られたとき、親友たちの気持ちわかったつもりだったなーと横たわりながら深く反省し、申し訳なくなりました。それでもまだ頑張りたいなーと病床から思ってしまったことに葛藤。

よく短期ボランティアさんに聞かれることがあります。
「海外行くの家族や周りの人に反対されませんでしたか?」
毎回考えますが、「まあ親は言っても聞かないと諦めてると思いますよ、友達も応援してくれてます」というような返答になってしまいます。親友に怒られて感じましたが、私が思っている以上に当たり前に海外に来たのではなく、実際はみんないろんな思いのなか送り出してくれてるんだなと思いました。ありがたいです。その思いはこれからもちゃんとわかっていたいと思います。

これから海外医療に挑戦しようと考えている方の中には、家族や大切な人のことを考え躊躇している方もいるのではと思います。私も今も日本にいるみんなのことを考えることはよくあります。ほかのスタッフもおそらくそうだと思います。離れてみてさらに感じる感謝の気持ちや葛藤もあります。送りだしてくれたことも、逆にみんなが日本で健康でいてくれていることも感謝です。今は、その感謝の気持ちを持ち続けながら、時々その気持ちを伝えていければいいのかなと思っています。
もうすっかり元気になったので、このまま健康には十分に気をつけてこれからも頑張っていきます!

カンボジア 看護師 ボランティア ジャパンハート

カンボジアアドバンスナース 福田麗那

Share /
PAGE TOP