お問合わせ・資料.請求

参加する

看護師・看護学生限定 国際医療ボランティアツアー

海外が初めての方も安心。ジャパンハート看護師スタッフ同行!
ミャンマー・カンボジアの田舎で文化・歴史に触れながら
国際医療を体験してみませんか。

ツアーで行く国際医療ボランティアとは?

現地の歴史・文化を学びながら、途上国の国際医療の現場を体験します。
さらに現地で医療を続ける吉岡秀人代表や日本人看護師との座談会のほか、子ども養育施設や現地の学校でのボランティア体験等もあります。
同じ志を抱く参加者同士の出会いもあり、あなたが求める「一期一会」がそこにあるかもしれません。
ツアーにはジャパンハートの看護師が同行しますので、海外が初めての方でも安心して参加できます。
2015年度からはミャンマーのほか、カンボジアも始まりました!
 

2017年2月の看護師ツアー 詳細はこちら


        ナーツアバナーnew250×102px.jpg






>看護師ツアー「参加者の声」はこちら
 

    

>看護師ツアー 過去の活動レポートは
2015.8月カンボジア「最高の仲間に出会えました‼」
2015.9月ミャンマー「笑顔あふれるツアーでした」
2016.2月ミャンマー「看護師になってよかった」
2016.2月カンボジア「短期間で沢山のことを吸収できた」
2016.8月ミャンマー「来て良かった」
2016.9月ミャンマー「日本と比べたら何もないと思われるミャンマーの医療現場から、沢山の「あるもの」に気づきました。」
2016.8月カンボジア「初挑戦のツアーアテンド」
2016.9月カンボジア「プチュンバン(お盆)の カンボジア」
2016.10月カンボジア「Welcome to Cambodia‼」
 

ツアー内容例

(参加国により内容は異なります)

子ども養育施設「Dream Train」でのボランティア体験(ミャンマー)

ご飯作りや洗濯物、掃除など協力して行いながら、子ども達と交流します。

現地病院での医療活動の体験

手術見学の他、傷の処置、英語でのカルテ記載などを体験。患者さんや現地で活動する日本人看護師と交流します。

吉岡秀人代表/日本人看護師の座談会

ジャパンハートを設立し、これまで1万人以上の子どもを救ってきた吉岡は、現在も各国を行き来して手術を行っています。
また現地に駐在しながら医療・保健活動に従事している日本人看護師との交流もあります。

観光


02874x.jpg


現地の歴史・文化に触れる機会として、寺院・日本人墓地(ミャンマー)、王宮・トゥールスレーン博物館(カンボジア)等を訪れます。



 

ツアー参加者同士の交流、一日の振り返り

ツアー中、参加者同士が交流を深め、さらに有意義に過ごすため、一日の終わりに振り返りを行います。
 

対象者 看護師
旅行期 3泊5日 夏期2回予定
参加費 21万9千円+ビザ料金・空港税・燃油サーチャージ別途(年度により変動あり)

参加期間スケジュール(例)

1日目 ヤンゴン空港着
子ども養育施設「Dream Train」ボランティア体験
2日目 ヤンゴン空港からマンダレー空港へ
ザガインワッチェ慈善病院にて医療体験
日本人看護師との座談会
一日の振り返り
3日目 ザガインワッチェ慈善病院にて医療体験
ザガイン・マンダレー観光
ツアーの振り返り
4日目 マンダレー空港からヤンゴン空港へ
吉岡秀人代表の講演・座談会
ヤンゴン観光・フリータイム(買い物など)
ヤンゴン空港発
5日目 日本着

参加者の声

海外ボランティアに興味はあってもなかなか参加することへのハードルが高く、踏み出せない人が周りにいるため、このスタディツアーに参加して
いろいろ知ってもらいたいと思う。(30代 女性 集中治療室担当)

ミャンマーの国を知ることができ、さらに病院での医療現場をみて実際に看護に触れることができて、とても充実していた。すてきな仲間に出会い、様々な看護観を知ることができて、貴重な体験ができた。(20代 女性 集中治療室担当)

中身の濃い経験でした。自分の想いは間違っていないと思える経験ができたことに感謝です。
ステキな仲間達との出会いにありがとう。(50代 女性 訪問看護師)

今回海外医療への参加は初めてでしたが、かなり充実した3日間でした。
起床から夜遅い時間まで内容盛りだくさんで、多少疲れはありましたが、それが意外に感動し
たことも多く、良かったです。(苦あることで楽が幸せでした)(40代 女性 病棟勤務)

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局Tel: 03-6240-1564