お問合わせ・資料請求

イベント

≪参加者の声≫ 看護師_ミャンマー

2004.01.01

参加者の声

LanternMyanmar307.jpgDSC06419.JPG









 

「物がない中で工夫していることを学び、普段の業務も見直したい。」
消化器外科/脳神経外科等 西田 玲奈様(2015/10月 手術活動)

「医師が常住しているも外来また手術期間は手術に長時間入ってしまうため、日本で医師がやる仕事も病棟でドレーン抜去や、抜糸は看護師が行っていました。
日本での患者さんの状態に変化があったときは小さなことでも医師に相談するようにしていますが、看護師の知識と判断力が必要であり、今の自分にたりないものを感じました。」

「言葉が通じないことが一番苦労するかと心配していましたが、逆に患者さんから歩み寄ってきてくれることが多く、ボランティアに来た私の方が精神的に助けられました。」

 

「看護師としては言葉がわかればもっと退院指導や症状を確認したりできるのにという後悔もありますが、言葉だけではなく患者さんとゆっくり向き合うことも日本でできていなかったことだと気付きました。」

 

「開封済みの滅菌手袋の袋は処置時や、看護師のメモ用紙として使用しているのは驚き、物がないなりに工夫し活用しているんだと学び、普段の業務の中でのものの使い方を見直して行こうと思いました。 


ボランティア初体験が海外ということで不安が大きかったですが、会話が通じない中で指差し会話帳をもって必死に話そうとすると患者さんや患者家族から歩み寄ってきてくれます。日本だと経験することのできない処置も体験できスキルアップになります。他日本人スタッフの体験談も聞けたことで、悩んでいた今後のことに前向きに考えることができました。」


「医師・看護師のチームワークの良さは素晴らしい」
  救急病棟 葛西 由美様 様 (2015/08月 手術活動)

「日本の医療の充実が改めて充実していること、ワッチェ慈善病院での物品の少なさ・貴重さ、
看護師がいろいろと考えて行動しなくてはいけないこと、
服薬投与でも薬剤師がいないため自分たちで調べなくてはいけないことを知り看護師は薬の知識はもちろんのこと投与量も調べ無くてはいけないことは大変だなと思いました。」
 

「現地スタッフさんたち医師・看護師含めてのチームの良さはとっても素晴らしいなと思いました。

日本でも医師・看護師がこんな姿でありたいものだなととっても思いました。」
 

一方、カルテ記載をさせていただいたときに英語での記載なのでどういう風に記載すればよいか分からず少々苦労しました。
過酷なスケジュールでしたが、とっても充実した期間でした。
 
「手続きも大変ですし、私も発展途上国は行くの初めてであり、一人だけでの海外旅行も初めてでした。

へき地での生活など、行くまでは不安の連続でしたが行ってみたらすぐに慣れてしまい医師・看護師・学生とかの垣根を越えてとても楽しい日々でした」


 「ごく自然なことほど、斬新に感じました」
   ICU  吉田 真弓 様 (2015/01月 手術活動)

 
   「海外で働くこともボンヤリとした思いになっていたのですが、マンネリ化する仕事に向き合う中で
    このままじゃダメだと感じました。やりたい事をやろうっと思い、参加しました。」

   「人が生きるということ、その思いに寄り添いその人や家族を支えること、当たり前の生活を
    慈しむことなど、看護を通して私たちが行うことの大切さや重要さを改めて感じました。

 
    日本は医療だけではないですが恵まれているということも再認識しました。
 

    それは過剰なほどなのだと。当たり前のことほど優しく、喜ばしいことなのだとミャンマーの
    人たちと接することで強く思いました。

 

   「今の日本の環境に慣れてしまっている私には、ごく自然なことほど斬新に感じました。


    でもそれこそが当たり前のことで人が喜びを感じることなのだろうと思うと、
    今身を置いている医療の世界に疑問も生じてしまいました。 
    その葛藤を感じたことも大いに勉強になったと思っています。
 

   「迷っているなら参加すべきだと思います。
    参加しなくては得られない感情や学びがたくさんあると思います。」

 

  「何かをするのに遅すぎることはない」
   外科/内科/産業看護   朝岡 元美様 (01月 手術活動)


   「 もともと国際医療支援に興味がありました。看護師になったきっかけは阪神淡路大震災の被災者だったからです。
    看護師になり、世界にはまだまだ十分な医療を受けられない国、人々が多くいることを知りました。
    そこで医療を必要としている人々へ少しでも届けたいという活動をしているジャパンハートの
    方針に共感し、自分に何かできることを見つけたい、届けたい、と思い参加しました。」

   「得たもの、は本当にたくさんあります。

    限られた資源の中でより質のいい医療を自分たちで提供する姿勢。     
    また、アセスメントは日ごろからしていたつもりですが、やはりDrや誰かに甘えていたことを感じました。」


   「スタッフはみな良い意味で野心家で努力家で日本のように恵まれた資機材がなくとも、
    より必要としている人の下へ医療を届けようとしていることを感じました。」

   「同時期にボランティアに参加したメンバーととても深い交流ができました。
    スタッフの方々をはじめ、とても大切な人との出会いを得ることができました。」
 
   「迷うなら一度参加するべきだと思います。
    少なからず、このような活動に興味があったからこそ迷うところにたっているのだから。
    短期ボランティアは本当に短いです。
    参加して後悔するには時間が短すぎると思います。」
 

   「私は臨床経験ばかりに気をとられこんな年齢になりましたが、何かをするのに遅すぎることは
     ないと思います。むしろ経験が活かされ大変満足しています。」




   「勇気を出して、一歩踏み出してください」
   救急外来/消化器外科  佐野 満理様 (05月 日常コース)

     「 長く看護師として働いてきましたが、もしここで働く事になった場合、
      必要となる知識や技術がまるで足らない事に気付かされました。

     「ミャンマーの患者さんやご家族が優しく、友好的なこと、
      少ない医療材料や機材の中でたくさんの工夫が必要なこと、
      大変な状況を乗り越えるためにチームで協力する事が大切なこと、
      『医療のないところに医療を届ける』ことの大変さ

     「患者さんの日常生活のお手伝いが多いのかと思いましたが、
      ご家族が全て行っていて驚きました
  
     「今回は日常コースのため、機会があれば手術活動に参加してみたいと思います。
 

      現地に行って実際に感じることは、ホームページや本から見て読んで得られる事の何倍もの
      知識や経験になると思います。患者さんも優しく迎えてくれます。
      勇気を出して一歩踏み出してみてください。



 

  「 資源が限られた環境の中で最高の医療を。」
  ターミナルケア 小野 眞知子様 (02月 日常コース)


  
   「前からへき地医療、国際救援に興味がありました。
    ジャパンハートの長期研修にも興味があり、実際どのようなものか自分の目で見て、
           経験したかったため参加しました。

           「軍事政権から民主政権に移行しただけであり、サまざまな制度が整っていないなど
           ミャンマーの現状について知ることができました。

           「全てが整っている日本と比べ、資源が限られた環境の中で最高の医療を提供しようと
           現地の医師、看護師、日本の医師、看護師が協力する様子など現地の状況を知ることができました。


           看護師の業務が多岐に渡り、日本に帰国し生理学、病態生理など詳しく勉強し直す必要が
           あると思いました。

           「ワチェ病院だけでなく地域へ出て保健活動をしていること、他のNGO団体と協力し、
           ミャンマーの現状を少しでも良くしようと活動していることを知ることができました。

 


           「参加して後悔することは絶対ないので、是非参加するべきだと思います。」




「参加者の声」一覧に戻る 

 


国際医療短期ボランティアとは?

国際医療短期ボランティア 参加お申込みフォーム

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
 Tel: 03-6240-1564