福田 菜摘(ふくた なつみ)

福田 菜摘(ふくた なつみ)
長期ボランティア助産師

メッセージ

学生の頃、日本と発展途上国では周産期死亡率に大きなギャップがあることに驚き、海外で医療に携わることに関心を持ちました。幼い頃から海外に行きたいという思いもあり、海外で医療を行うジャパンハートの活動に参加することに決めました。
日本の助産師は、基本的に母親に対して優しいケアを行う一方、カンボジアでは必ずしもそうではありません。現地の助産師の多くが、産後のケアをあまり知らず、根付いていないと感じます。母親に対して優しいケアをもっと広げたい、カンボジアに合った方法で安全な分娩を普及させていきたいという思いで今回再びカンボジアでボランティアとして勤務しています。

▼経歴
国内で4年間助産師として勤務し、2016年に国際看護師研修に参加。数年間、離島での医療を経験し2020年7月よりジャパンハートで助産師として長期ボランティアを開始。

趣味

ゆるい絵をかくこと

PAGE TOP