特定非営利活動法人ジャパンハート

すまいるスマイル
プロジェクト

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

活動レポート

 

【活動レポート】「日本一大きな金鯱(キンシャチ)を見たい!」

2017.12.20






すまいるスマイルプロジェクト担当の吉岡です。

2017年12月9日~10日に宮田看護師と共に埼玉からご家族をお迎えして伊豆高原に行ってきました。17歳のHくんは5歳の頃に病気を発症し、今でも治療を受けて頑張っています。兄を支えながらもとても頼りにしている兄弟たち、そして穏やかなご両親と一緒に2日間を過ごさせてもらいました。
今回の旅行の目的は「日本一巨大な金鯱(キンシャチ)というサボテンを見ること。サボテン狩りをすること。いろいろな動植物を観察すること」と事前に聞いていました。旅行は久しぶりの外出ということで体力的な心配がありましたが、結果的にはうまく休憩を取りながら充実した旅行となりました。
                                             

 初日は熱川バナナワニ園で美しい蓮池や植物、ワニの観察をして楽しみました。Hくん、兄弟たち、ご両親は動植物が大好きで、ご家族で興味深く観察をされていたのが印象的でした。



活動⑤.jpg 








活動6.jpg




宿には少し早めにチェックインを済ませ、貸切風呂でゆっくりしていただき、美味しい高原野菜をたっぷりと使った夕食を囲んで楽しく食事されていました。いつもよりたくさん食べてくれた様子がご家族の表情から伝わってきました。



 
katudou.jpg







翌日、起きてみると宿の目の前に大きなプリンをひっくり返したような大室山が迫っており「あれは休火山で噴火口があるんだよ」と物知りな兄弟が教えてくれました。
 
そして・・・、とうとう大本命。金鯱との対面です!
私たちもこのサイズにはびっくりでした。Hくんはサボテンの生態について学者のように詳しく、私と宮田はサボテン講義を受けながら展示をみているようでした。
兄弟たちは・・・、蟻地獄観察に大忙し! 




k活動③.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像 
 













活動.jpgのサムネイル画像












最後に、車椅子から颯爽と立ち上がりサボテン狩りを楽しむHくん。この日のためにお小遣いを貯めていたそうです。
お母さんが入り口にある写真を見て「綺麗ね」と言われたサボテンを購入していたHくん。
「花を咲かせたい!」と言っていたは、お母さんに喜んでほしいからかな。
 
 活動②.jpgのサムネイル画像 
 









ホテルの方は「必要な介助があれば教えてほしい」と声をかけてくれ、部屋割りにも配慮いただきました。またシャボテン動物公園では車椅子への配慮が随所にあり、各所で皆さんの温かい気持ちを感じながら伊豆を後にしました。

すまいるスマイルプロジェクトは日本国内であれば様々な場所で実施しています。交通機関や滞在場所でのご理解がこの活動をきっかけにさらに浸透し、みんなで子どもたちとご家族を支え合えるような社会になるまで継続したいと思います。
 
                        すまいるスマイルプロジェクト担当
                                   吉岡 春菜

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564