特定非営利活動法人ジャパンハート

すまいるスマイル
プロジェクト

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

活動レポート

イベント実施報告 

【活動レポート】2018年4月東京ディズニーランドご招待企画終了しました!

2018.05.08

東京ディズニーランドご招待企画無事終了しました!

 
今回は6組の小児がんのお子さまと11名のご家族さま(ご両親・兄弟含め)
ジャパンハートスタッフ2名(吉岡春菜医師・岸川真弓)
14名の医療ボランティアと9名の日本メドトロニック株式会社の社員ボランティアと4名のカメラマンボランティア
参加者含め総勢46名で実施しました。


集合写真

ご家族と集合する前にボランティアにてミーティングを行います。
医療ボランティアと日本メドトロニック株式会社の社員ボランティアとの顔合わせ、
中央救護室の利用、緊急受診時の対応混雑状況や車椅子でのこどもへの関わり方について等
春菜医師の挨拶から始まり普段こども病院で働いているボランティア看護師や、学生ボランティアによって行われました。



ボランティアMTGのサムネイル画像
ボランティア写真

















この日はお天気にも恵まれ、1日中とても良い日差しがさしていました。
ディズニーランドは35周年記念ともあり、去年よりとても人が多く大混雑。。
そんな中奄美大島・熊本や大阪・沖縄から参加されたご家族と合流。
こどもたちや兄弟はテンションMAX!!
今日はどんな1日になるのでしょうか。
医療ボランティアによる体調チェック、集合写真を終えていよいよ入場です。


さきちゃん 
車椅子やベビーカーを利用するご家族も多く、人が多いなか
遠方からこられたご家族は初めて、久しぶりのディズニーの方も多く不安も多くあります。
 
疲れて体調が悪くなるのではないか。
みんなに迷惑かけないか。
そもそも場所がわからない。等
 
車椅子岩里さん



























みそらちゃん

ディズニーランドに詳しい医療ボランティアが道案内を行います。
また、社員ボランティアは写真撮影、ポップコーンやファストパスを代行してとりに行くことや、パレードの時間に合わせていい場所を確保等。サポートは家族に合わせて行います
 
時にはボランティアは別で行動し、家族の時間も大切にします。
 
ディズニーランドは1日中の遊びのため、大の大人でも疲れます。
治療後のお子さまは一見は元気そうに見えても、体力が十分に戻っておらず
疲れやすくなったり、眠くなったりします。
そこで、医療ボランティアが適宜休憩の時間を取れるように促しました。
少し休憩を取るだけでも、ランドで楽しめる時間が多くとれました。
というご家族の声も沢山もらいました。
 
全体的に今回は、コースター系が大人気で15回アトラクションを
乗ったお子さまもいました。パワフル!!!
さきちゃん


 
社員ボランティアの中には、「ファストパス王子」「Mr.BESTパレードポジション」
「ポップコーン並びお兄さん」などニックネームを付けたいくらい大活躍。
ナースカメラマンは、カメラ撮影しつつ何かあれば対応しますよ!と
頼もしい限りでした。


VS測定中 
自分のことでは、そこまで一生懸命にならないのに、
人のためになると動きたくなるのはなんでなんでしょうね。
と、ボランティアが話していたことが印象的でした。

 
医療従事者は医療のサポートを。
ボランティアにはそれ以外のサポートを。
それぞれ得意を生かす場が沢山あったようです。


VS測定① 
また、運営では今回ご病状により、前日まで検討したのですが
当日キャンセルになったお子さまに向けて何かできないかと話し、
ミッキーのサインをもらいに行ったり、寄せ書きを行いました。
そのお子さまのことを思いながらイベントを実施することができました。

ミッキー手形 
イベント終了後より
ご家族さまよりお声をいただきました。
 
【ご家族の声①】
治療が終了しても、不安ばかりでなかなか1日遠出をして遊ばせる機会がありませんでした。今回はその不安をぬぐってくださり、うれしい限りです。
普通の3歳児としていろいろなところへ連れていっていいんだという自信がつきました。
 
文字では表現を尽くせないほど、たくさん助けていただきました。
初めての遠出は本人にとって、本当に夢の国だったようです。今朝も「ミッキーに会いに行こう!」と言いながら幼稚園にいきました。
一緒に同行してくださたボランティアさん本当にありがとうございました。
助かったこの小さな命を大切にしながら、子育ても私も楽しみたいと思います。
 
【ご家族の声②】
放射線治療後の晩期障害がでてきてからは、人ごみの中や公共の場で
待つことが難しくなり、癇癪を起した時の周りの冷やかな視線や
「うるさい」「でていけ」等の言葉を言われることを避けるため
外出を控えていました。
長期生存がおそらくできないと言われている現状で、家族全員で
こんなに素敵な思い出が作れるとは思っていませんでした。
 
いつも家族旅行といえば、あまり人が多くない田舎の道の駅や公園ばかりで
人の沢山いるプールやテーマパークなどはあまり連れて行っていませんでした。上の子はディズニーランドに行きたいとずっと言っていましたが一度も行っていませんでした。
今回この企画に参加させていただいたおかげで、「待つ」こともほとんどなく、パレードも
良い場所で見ることができ、ミッキーとの家族写真も取ることができ、本人にとっても
兄弟にとっても私たち全員にとって本当に素晴らしい思い出を作ることができました。



萩原さん 
 
 
 
依頼を受けたら動ける人が動けばいい。
 
届くべきところに届きますように。
また、私たちも届けられますように今後も行動し続けたいと思います。
 
メドトロニック株式会社の社員ボランティアの皆さま、医療ボランティアの皆様・カメラマンボランティアの皆様・心より感謝を申し上げます。

SNP-1332.jpg

 
すまいるスマイルプロジェクトボランティア登録制度開始しました。
今後説明会開催予定です。
医療従事者・一般ボランティアの方お待ちしています。
ご希望の方はジャパンハートHPお問い合わせフォームまで!
 


すまいるスマイルプロジェクト担当 岸川 真弓

photo by 砂原涼志 

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564