特定非営利活動法人ジャパンハート

ミャンマー

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

活動レポート

視覚障がい者自立支援 

第13回 ミャンマー視覚障がい者医療マッサージ全国セミナー

2017.03.01

  ジャパンハートの視覚障がい者自立支援事業が始まった2010年の8月、
日本から専門家を招いて「第1回ミャンマー視覚障がい者医療マッサージ
全国セミナー」が開催されました。
当時、ミャンマーの視覚障がい者グループは、政府下の盲学校系と私立の
キリスト教系や仏教系などといった形の派閥があり、視覚障がい者たちが
一堂に集まる機会はありませんでした。
まさに「第1回ミャンマー視覚障がい者医療マッサージ全国セミナー」が、
ミャンマーの視覚障がい者たちが一堂に会し、一丸となって視覚障がい者の
自立を目指していくきっかけの一つになったのです。
 
 あれから7年、この全国セミナーも13回目を迎え、そして視覚障がい者を
取り巻く環境も大きく変わってきました。
2010年当時の参加者は、大半が盲学校の寮で生活をする視覚障がい者ばかり
だったのが、今ではミャンマー全国のマッサージ店で勤務する者や、中には
自身がオーナーとなってマッサージ店を経営する者もいたりします。
 当然、セミナー会場の雰囲気も7年前とは大きく変わってきました。
自分たちの将来に希望を持つ目はキラキラと輝き、立ち振る舞いも堂々と、
そして皆とても明るく社交的になったように感じます。
医療マッサージに関する質問も、どんどんと専門的な内容に変化してきました。
そして流行りのファッションなんかも取り入れて、みんなとてもオシャレにもなり、
そして何だかとっても垢抜けてきました。
自立をするという事はこういう事なんだな…と。
こういう変化も側で見ているとうれしいものですね。
 
 そして、今回一番印象に残ったセミナーに参加していた医療マッサージ
勉強中の女子学生の一言。
「今まで叔母さんが苦労しながら私を育ててくれました。
早く医療マッサージ師となって叔母さんに恩返しをして楽をさせてあげたい」と。
 
たとえ障がいがあったとしても、晴眼者の若者たちと同じ夢を持って
それを堂々と言える事、流行りにも敏感になりオシャレも楽しめる事、
そして自分の力で人生を切り開いていけるという自信を持てる事。
ジャパンハートの開催する全国セミナーが、直接的ではなくてもその一助と
なっていてくれていたら嬉しいな…と思っています。

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局Tel: 03-6240-1564