特定非営利活動法人ジャパンハート

ラオス

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

活動レポート

 

タートルアン祭り

2017.11.24

サバイディー。ラオスからこんにちは。ラオス事務所インターンの太田です。
今日は、ラオスのお祭りの様子をお伝えします。
 
先日、11月3日にあったタートルアン祭り。
毎年11月(陰暦12月)の満月の日に行われます。
「タートルアン」とは、16世紀に作られた黄金の仏塔で、ラオスのシンボル的存在とも言えます。集った人々は、キャンドルと花を持って、タートルアンの周りを3回周り、祈りを捧げます。


f7c3f12606cd475587dd2069a3b9c3c8.jpeg


















また、このお祭りのためにラオス全国各地からお坊さんが集まり、大読経会が開かれたりや托鉢をします。ものすごい数のお坊さんが集まるため、托鉢の際に僕たちが寄進したいと思ったら、朝5時頃から場所取りをしなければなりません。
 
そんな宗教的意義が非常に深いお祭りですが、もちろん様々な屋台が出ています。屋台の出店は、1週間前の10月28日から。タートルアンの目の前の道路も通行止めとなり、歩行者天国になります。日本の屋台と同じように、クレープが売っていたり、焼き鳥が売っていたり。一方で、日本では見かけないような変な焼きそばや鳥の丸焼きなども売っていたり。



a13bfae0464e446297017d7f6e76795a.jpeg


















(焼きそば・鳥の丸焼き・サラダ)
こちらは、尼さんです。尼さんは、普段から白い服に身を包んでいます。
カラフルな糸を手首に巻いてくれ、祈りの言葉をかけてくれます。



94f8c3a925794479a7b4a92c5a3ecc7f.jpeg


















このようにお祭りは、その土地の伝統や文化の一端を僕たちに見せてくれます。
日本のお祭りとは、また一風変わった雰囲気や光景を楽しめるタートルアン祭り。ぜひ、機会があれば、訪れてみてください。



e05c5e758fc340bfa35b16d364411782.jpeg


















インターン 太田

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564