特定非営利活動法人ジャパンハート

ラオス

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

活動レポート

 

実りの季節

2017.04.19

日本はさくらが舞う季節でしょうか?
なんと、ラオスにもさくらがあります。

4月上旬、私たちはラオス北部のポンサリー県へ行ってきました。
そこには、標高約1,500mでたくましく芽吹いている白や桃色のさくらが咲いています。
( 写真撮影できませんでした。イメージして下さい。)

ラオスには48、68とも言われる少数民族が共存する多民族国家です。
ポンサリーへ向かう道中で伝統衣装をまとう民族と出会いました。
普段はカメラを向けると、魂が抜かれると断られるのですが、
天真爛漫なスタッフとともに記念撮影。
received_1347507178676973.jpegreceived_1347506985343659.jpeg

ポンサリー県には、ニョットウーとブンニュアという活動地があります。
今回はその2ヶ所で活動を行いました。
2日間で総勢112名の患者が、私たちを待ってくれていました。

received_1347506845343673.jpeg1280354.jpg

帰りの道中、道端に大量の色鮮やかな赤い物体がひしめき合うように積まれていました。
5月から雨季に変わるラオス。
カボチャの収穫に追い込みをかけていたようです。赤とうがらしも、欠かせません。

1280362.jpg1280451.jpg

今回は少し時間に余裕があったので、
スタッフとともにラオス北部のウドムサイ県を観光しました。

滝の水しぶきからマイナスイオンを浴びて、リフレッシュ。
received_1347506398677051.jpeg











日本では滝といえば、パワースポット?
どんなパワーが貰えたかはわかませんが、ご利益があればいいな。

ご利益といえば、「おみくじ」ですよね。
ラオスのお寺にも「おみくじ」があります。
料金設定はありません。訪問者のお布施という無人おみくじです。

received_1347506265343731.jpeg











そこまでしますか?
どんなお願い事なのかな?

received_1347506208677070.jpeg1280515.jpg

ふと、仏様の方を振り返ると、頭上に光が差していました。
きっとラオス全土の人々に幸福が舞い降りる前兆なのでしょう。
そして、あんなにもスタッフがお願いしていたのは、
この事だったのか !! と繋がったのでした。

この写真を見ているあなたにも幸せが訪れますように。

全行程を終え、無事に帰路につけたこと、これこそが幸せ。


                          アドバンスドナース 川西




お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関するお問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局Tel: 03-6240-1564