特定非営利活動法人ジャパンハート

ラオス

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

活動経緯

首都であるがゆえに支援が行き届いていない病院

約一年かけ調査、活動準備を進めてきました。
ラオスの北部および南部の医療施設及び村落を訪れ、医療のニーズを探ってきました。活動地をビエンチャンに定め、約一年かけ活動準備を進めてきました。
JICAが初めて支援を開始したのはこのラオスです。多くのNGO、国家機関の支援が入っており、地方の病院を見て回った際も、資機材は整っているという印象でした。
ラオスの医療形態は中央の国立病院を頂点に、県立・市立病院、郡病院、ヘルスセンター、村落保健ボランティアとピラミッドになっています。中央の国立病院、地方の県立病院、郡病院は十分な支援が入っていても、逆に首都であるがゆえに支援が行き届いていないと感じたのが首都の郡病院でした。
活動地の一つであるパークグム郡病院は首都ビエンチャンから車でおよそ一時間のところに位置します。市街地を抜けると同じ首都とは思えないのどかな田園風景が広がります。
この郡病院では困難な症例は中央の国立病院へ送るのですが、搬送する適切なタイミングを判断できなかったり、適切な処置が間に合わず命を落とす妊婦がいます。
この郡病院で質の高い医療、サービスを提供できる医療スタッフを育成することを目的に医療活動を開始しました。


2013年

ラオス政府と覚書を締結、7月に初の手術ミッションを実施しました。
現在は毎月、医療へのアクセスの悪い地域を中心に移動診療を実施、同時に現地医師へ診察技術指導を行っています。
外科診療を学ぶ機会がなかった郡病院のスタッフを、中央の国立病院で半年間手術トレーニングをさせ、手術の基本的な手技を学んでもらいました。


2014年

ジャパンハートが郡病院で手術ミッションを実施し、本格的に技術移転を開始しました。
また、将来の医療を担う看護学生に関わり、基礎的な看護技術の指導、患者を看る目、考える力を身につけてもらうよう支援を行う予定です。
近年、経済の発展に伴い、交通量は年々増加し、交通事故数も増加傾向にあります。しかし、救急システムは未だ未整備であり、最大の国立病院でさえ一次救命処置を学んでいるのは限られた一部の医療スタッフに留まります。ジャパンハートラオスでは救命処置を学ぶ機会のない医療者に対し、ラオス最大の国立病院マホソット病院で全看護師を対象にBLSトレーニングを実施しています。将来的に医療者だけではなく、一般人にも一時救命処置を学ぶ機会を作っていく予定です。

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564