お問合わせ・資料請求お問合わせ・資料請求

イベント

吉岡秀人登壇:第 118 回日本外科学会定期学術集会(2018)

2018.03.23

イベント

ミャンマーの子どもと2.JPG

2018年4月6日(金)、最高顧問の吉岡秀人が、第 118 回日本外科学会定期学術集会のシンポジウム「グローバルな世界へ―外科医の国際医療協力―」へ登壇いたします。
一般の方も参加可能ですので、ぜひ、ご参加ください。

*詳細は以下*


第 118 回日本外科学会定期学術集会(2018)外科学の新知見企画

グローバルな世界へ―外科医の国際医療協力―

日本外科学会、国立国際医療研究センター(NCGM)共催 後援:読売新聞社

グローバル化が進む世界の中で、国際医療協力もこれまでの母子保健、感染症中心から、外科 の重要性が再認識されています。若い外科医の皆さんにグローバルな視点から外科医療を考え ていただき、日本から世界に向かうモチベーションを持っていただくため、本シンポジウムを実施 いたします。

[日時]
2018 年 4 月 6 日(金)午後 3 時 30 分ー5 時 30 分


[場所]東京国際フォーラム ホール A
東京都千代田区丸の内3丁目5−1

[アクセス]

https://www.t-i-forum.co.jp/general/access/access_page.pdf

[参加料]
無料
(本シンポジウムのみ参加の場合、日本外科学会定期学術集会の参加費は不要)

[参加申し込み]
こちらのリンクからお願いします:
https://goo.gl/forms/lDa8C xP5zC yiMr2

[プログラム] 

1. 内視鏡外科・治療における国際医療協力 北野正剛(大分大学) 

2. Global Surgery: 外科医の新しいマインドセット 杉下智彦(東京女子医大) 

3. ボリビアにおける病院協力~外科医の役割~ 三好知明(国立国際医療研究センター) 

4. ベトナム・チョーライ病院における消化器外科の協力 秋山稔(筑波大学) 

5. アフリカへの国際協力〜夢見る高度医療と 

求められる地域医療〜 川原尚之(ロシナンテスの会) 

6. ジャパンハートが考える発展するアジアを支える 新しい医療支援の形 吉岡秀人(ジャパンハート) 

7. 脳神経外科領域におけるベトナム・チョーライ病院 

への国際医療協力~20年の歩みをふりかえって~ 原徹男(国立国際医療研究センター) 

8. NCGMの国際医療協力(全体の総括) 日下英司(国立国際医療研究センター) 

l 司会:北野正剛(大分大学学長)、仲佐保(国立国際医療研究センター 国際医療協力局) 

l 指定発言:戸田隆夫(国際協力機構上級審議役)、渋谷健司(国立国際医療研究センター、グローバルヘルス政策研究センター長)

=以上=