お問合わせ・資料請求お問合わせ・資料請求

  • トップ>
  • イベント>
  • 【シンポジウム】熊本地震から学ぶ これからの減災に活かす「受援」と「支援」のあり方  協力:リスク対策.com

イベント

【シンポジウム】熊本地震から学ぶ これからの減災に活かす「受援」と「支援」のあり方  協力:リスク対策.com

2017.12.05

イベント

 ジャパンハートでは、震災後の熊本市・南阿蘇において医療救護活動を行いました。我々が活動を通して関わった現地の方々がされた経験「支援を受け入れる」は、今後の我々の災害に対する心構えを育てる大切なことを伝えてくれます。
みなさん、災害ボランティアというと、支援することだけを考えていますよね。今回お招きする方々から”支援を受ける”お話を聞くことにより、皆さんが「本当の支援ってなんだろう・・・」と考える機会になれば、と思い、本シンポジウムを企画しました。


シンポジウムでは、被災地で支援を受け入れた方々からの講演、「受援」と「支援」のあり方を考えるための参加者を交えたディスカッションで、皆さんと一緒に考える機会になるよう計画しました。
 災害支援に関心のある方、支援・受援の実体験を聞きたい方、自治体関係者、災害ボランティアなど今後の減災を考えたい方、皆様どうぞご参加ください。


<開催日時>

 平成30年1月20日(土)
 開場・受付 12:30
 開始 13:00


<会場>
 人権ライブラリー会議室
 東京都港区芝大門2-10-12 KDX芝大門ビル4F


<プログラム>
 第1部 基調講演/活動報告(13:00~14:50)

 

【基調講演】
 原田 壽 氏(熊本市南区役所 保健子ども課)
 松尾弥生 氏(株式会社 南阿蘇ケアサービス)

【活動報告】
 青野美香(ジャパンハート 国際緊急救援事業責任者)


 第2部 ディスカッション(15:00~16:00)

【テーマ】
「真に望まれる被災者に必要な支援とは?」

 参加者の皆さんを交えてのディスカッション通して、講演者と共に災害支援のあり方を考えます。

【ファシリテーター】
 佐藤 抄(ジャパンハート 事務局長)

 

★参加費:2,000円(会員1,500円)、学生:1,000円
★お申込み:ジャパンハートお問い合わせページに、「1月熊本地震イベント参加希望」と明記のうえ、お申込みください。
【お申込みページ】https://www.japanheart.org/contact/inquiry/




★定員:80名(申込み受付順)
★後援:公益財団法人日本財団


<イベントページ>
https://www.facebook.com/events/148138319161999/

熊本市南区①2016.png