特定非営利活動法人ジャパンハート

カンボジア

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

活動レポート

 

提携病院でのオペミッション再開!(看護師:藤井より)

2018.06.07

 

こんにちは。

カンボジア在住看護師の藤井です。

 

先日ジャパンハートカンボジアの連携病院であるロカカオン病院で手術ミッション(以下ミッション)を行ってきました。

ロカカオン病院でジャパンハートが手術をするのは久しぶりです。

ジャパンハートの拠点病院となるAAMCAsia Alliance Medical Center)が開院してから二年が経ち、開院後はAAMCを中心とした活動だったので連携病院でのミッションは行なえていませんでした。

しかし再度、地域病院との関係性を強く持ち、お互いに協力し合える関係性を持つことで近隣地域全体で医療を向上させることを目指して

「本格的に連携病院でのミッションを再開しよう!!」ということになりました。

 

わたし達は、まずジャパンハート認定の先生方にミッションをして頂けないか連絡を取るところから始まりました。

突然の連絡で、期限が迫っているにも関わらずお返事を頂き、5月末4日間のミッションをロカカオン病院で行いました。

 

このミッションをする前に、手術対象患者さんを集めなければいけません。

その為に事前にモバイル診療を2日間ロカカオン病院で行いました。このモバイル診療をする為にも事前にチラシを配り、モバイル診療に来てもらうためにアナウンスも行いました。結果、手術対象患者さん以外にも内科疾患で受診された患者さんもいらっしゃり、たくさんの患者さんを診察しました。

ミッションを終えて改めて多くの人に助けられてミッションが行えているんだなと感じています。


藤井さんレポート 待合.png

 

 

ミッション初日全ての患者さんにロカカオン病院に来て頂き血液検査や診察を受けて頂きます。3
0
人近い患者さんとその家族が来られるので病院内はごった返します。

「ここで順番を待ってくださいね」そう言って座ってもらっていたはずの患者さんが次見た時にはいません。
「どこー、どこに行っちゃったの!!」慌てて探していると周りにいた患者さんたちが「トイレだよ」とか「あっちにいるよ」て教えてくれたりします。
順番に座ってもらっていたはずがバラバラになり……
まぁ、よくあることですね。


今回手術予定ではない患者さんも診て欲しいと言ってやってきます。「ここにできものがあります、遠くから来ました、手術してほしいです」新たな患者さんは毎日何人も来ます。

きっと口コミで聞いた人たちが来たんだろうな、とカンボジアの口コミの威力を再認識しました。

 

麻酔の影響で術後歩いて病室へ行くことのできない患者さんは、寝たまま病室へ移動します。途中坂があるので、みんなて力を合わせてストレッチャー(寝たまま移動できる簡易ベッド)を「ムオイ、ピー、バイ(カンボジア語で1.2.3)」と声を合わせ持ちあげて移動します。さらにストレッチャーから患者さんのベッドに移動する時もう一度「ムオイ、ピー、バイ」家族やこれから手術を受ける患者さんまでも協力してくれます。病室全体が一体感に包まれます。
藤井さんレポート 入院病棟.png

術後の患者さんは「チュー、チュー(痛い痛い)」と訴えてきます。
一人がチューと言うとあちらもこちらもチュー、チュー。

カンボジアでいち早く覚える言葉は「チュー」かもしれませんね。


 

藤井さんレポート 患者さん退院.png

手術直後痛みを訴えていた患者さんも退院時には笑顔で帰って行きます。一人の患者さんが退院する時みんなで見送りをしてくれます。数日でも一緒に過ごした人たちは家族のようです。

そんなこんなで、スタートからバタバタとしましたがスタッフみんなが頑張ってくれて四日間のミッションを終えました。



藤井さんレポート オペ.png

日本から来て頂き手術をして下さった先生方ありがとうございました。

帰国後すぐにお仕事に行くと聞いたときは驚きました。
ロカカオン病院とAAMCを車で移動しますが、荷物もありギュウギュウになっての移動、連日遅くまで手術をすることになりお疲れだと思い、ちょっと無理させてしまったかなと反省していましたが、「楽しかった、また来ます」と言っていただきました。

 

またカンボジアでお会いできるのを楽しみにしています。


藤井さんレポート RK集合写真.png


















 







今後もこのような連携病院での手術ミッションを行っていきます。

一緒に連携病院でのミッションに参加して頂けるボランティアの方をカンボジアは求めています。

一緒に「ムオイ、ピー、バイ」で一体感と患者さんの温かさを感じませんか。

 

あと、ロカカオン病院には名物おばさんいや、名物おねーさんのサリーさんがいます。
いつも癒されていました。かわいいですよ。

藤井さんレポート お掃除おばちゃん①.png
藤井さんレポート お掃除おばちゃん②.png


 

カンボジア在住看護師

藤井祐美子

 

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564