特定非営利活動法人ジャパンハート

カンボジア

お問合わせ・資料.請求

文字サイズ

ジャパンハート特設サイト

×閉じる

活動レポート

医療活動 

目が痛いのはゴミのせいじゃない!あなたのその手のせいです! (内科医:進谷より)

2018.09.19

今回はカンボジアで医師として患者さんを診ていて衛生が大切だと感じたエピソードを一つ。
と言いますと、一に感染、二に感染、三、四も感染、五に感染なのですが。
経験した感染症患者さんの数はこの5ヶ月でおそらく、日本の5年間のそれを優に越えています。そのくらい、外来をしていても、感染症で病院を受診される方が沢山います。
軽症な方から重症な方まで様々な感染症患者さんを診てきました。
先日は夜間にゴミが目に入って痛いという男性が来ました。
診察室に入って来てまず驚いたのは
その手の汚さときたら!

S_8594400602310.jpg

一体こんな夜中に何の作業をしてきたらそん
なに手が泥だらけになるんですか!?
そして、その手でゴシゴシゴシ、ゴシゴシゴシ・・・
目を豪快に擦っています。
目が痛いのはゴミのせいじゃない。。。
あなたのその手のせいです!!!
すぐさま
目を洗い、そして
「次は手洗いだ!」
「汚い手で擦ったら目の感染症を起こしてしまうからやめてくださいね!」
と手洗いをさせるも、
「ナガイ、ナガイ(わかった、わかった)」
と、笑いながら水でちょろっと洗っただけで終わろうとする。。。
ちょっと待って!それで終わり!?そんなに汚いのに!?
石鹸は!?
と、夜中から一から手洗いの指導を行います!
そして、
その汚れのとれないこと!!
え!?いつからこの状態なんですか!?
この手で食事とかもしてる訳じゃないですよね!?
奥さんが抱いてる小さなお子さんに触れる訳じゃないですよね!?
何とか石鹸を使って手を綺麗にして(それでもまだ汚かったのですが)
次は点眼指導。
夜勤の看護師さんが点眼指導を行ってくれますが、
まあ、これも中々上手くいきません。
更には
点眼後にまた目を擦ろうと、汚い手が顔にいきそうになるので、看護師さんと共にそれを制止!
そのやりとりを2-3回繰り返す僕らを側からみる付き添いの奥さんとそのお友達?は爆笑。。。
いや、奥さん、笑いどころじゃないですからね?

こっちは大変なんです。。。
と、まあ、こういうことは日常茶飯事なカンボジアです。
「汚い手で目を擦ってはいけません」
ごく当たり前のことの様に感じるかもしれません。
しかし、それが当たり前でない現状があります。
そして、この些細なことができないことで、
重症な感染を起こし、失明に至る方が実際にいます。


怪我をした後も一切傷口を洗いもせずに数日放置して感染症を起こして受診される方もたくさんいます。
ある患者さんはお風呂には毎日入っているにも関わらず、傷を濡らさないようにして、結果、傷口から感染症を起こして受診されました。
え!?なんで!?ということがたくさんあります!
もちろん、手洗いだけではありません。
手洗い、うがい、マスク、歯磨きなどなど
予防に関する衛生教育をすすめることで、防げる不幸がたくさんあります!
程度は違うにしても、それは日本でも同じことかもしれません!
ぜひカンボジアの現状から今の自分たちを見直すきっかけにしていけたらと思っています!
今回、そういう想いも込めて
Japan Heart Handwashing projectを立ち上げました!
予防は必ずしも医療者が行うことではありません!
誰もが当事者であり、誰もが考えていかなければいけないことです!
このプロジェクトを通して
カンボジア、そして、日本の予防の意識を高めることができたらと思っています。


<予防医療×エンターテインメント> Japan Heart Handwashing Project ~カンボジアに予防医療を広めるプロジェクト~の応援はこちら
https://fanfare.medica.co.jp/funding/projects/japanheart/

お問合わせ

お問合わせフォーム

ジャパンハートに関する
お問合わせはこちらから

ジャパンハート東京事務局
Tel: 03-6240-1564